四国旅行を考えるなら何処に行きますか

四国への旅行を考えるとき、どのようなスポットが思い浮かぶでしょうか。

松山、四万十川、鳴門、祖谷、琴平などが地名として浮かぶかもしれませんが、やはりこういった場所は四国に行くならば候補となるでしょう。

もちろん、どのような四国旅行を考えるのかによって、どこに向かうかということも当然ながら変わってきます。

例えば温泉旅行をしたい!と考えているのなら、道後温泉や祖谷温泉はマストといってもいいほどの有名どころです。

道後温泉は大きな温泉街もあり、温泉も楽しみながら観光も楽しむことができてしまいます。

浴衣姿のままで温泉街を歩きながら、その土地の雰囲気を楽しめるのも大きなポイントですね。

祖谷温泉は温泉の泉質が非常に高いと有名であり、温泉を楽しんだあとにホテルで郷土料理を楽しめます。

自然の観光を目的とするならば、愛媛では松野の美しい渓谷を眺めたり、高知の四万十川なども有名です。

徳島では鳴門がやはり有名で、渦潮を大鳴門橋から眺めることができる、渦の道という施設が存在するほど。

siteinfo

さらには自然ばかりではなく、その土地の料理を楽しむことも旅行の醍醐味の一つですよね。

徳島の鳴門では鳴門鯛や鳴門わかめ、愛媛では宇和のじゃこ天や鯛めし、香川といえばうどんが言わずもがな有名です。

もちろんこういったものは四国に豊富に存在する観光スポット、おすすめのプランなどの一部にも満たないものです。

旅行会社のホームページを見たり、プランを参考にしながら、自分が一番楽しめる四国旅行の計画を立ててみましょう。

あるいは、実際に自分の身近で四国旅行に行った経験のある人に、おすすめのスポットを聞くこともできます。

何を目的とするのかによって、どこから回っていくのか、どこを優先するのかなどを考えることができるようになります。

雄大な自然を観光することが目的か、郷土料理を楽しむことか、もしくは温泉でゆったりとした時間を楽しむのかなど、それは人それぞれです。

すべてを楽しもうとすると、やはり時間が膨大に必要になりますから、自分が一番求めていることをはっきりさせた上で、四国旅行のプランを立てていくようにしましょう。

目的を絞って旅行をすることで、その一点を余すところなく存分に楽しめるようになりますね。

自分がはっきりとこれを楽しみたいという明確な気持ちを持っているのであれば、旅行会社のほうでもそれにきっと存分にこたえてくれることでしょう。

普段の生活から少し離れて、美しい四国の風土をぜひ体験してみてください。